英国では現在、心身を総合的にとらえ、健康を維持する目的で精油を使うホリスティック・アロマテラピーの概念が浸透しています。フランスやベルギー、オランダ等ヨーロッパでは、メディカルアロマテラピーとして、医療に取り入れられています。

日本においてアロマテラピーは、医療、医術を行う行為ではありません。また、アロマテラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)も医薬品ではありません。当サイトで取り不げておりますエッセンシャルオイルの作用に関しても、民間療法で取り不げられているものであって、その医学的効能をうたったものではありません。

 

What is Aromatherapy アロマテラピーってなに?

 アロマテラピーとは、「芳香療法」と訳され、ハーブ、花、果実、葉、小枝、樹皮、根、種などから抽出した天然のエッセンシャルオイル(精油)を使用する、自然療法です。リラクセーションやストレスケア そして美容や健康維持、疲労回復に役立てることができます。広く一般的には、植物の香りや成分を利用した健康法を総称してアロマテラピーと呼んでいます。言葉の使い方はどうあれ、要は植物の持つ香りや力をうまく活用し、それによってリラックスしたり、リフレッシュしたりすることが重要なのです。

レモンの香りをかぐと、さわやかな気分になったり、ペパーミント の香りで頭がすっきりすることがありませんか? アロマテラピーとは、ハーブなどの自然植物が生み出す芳香の成分を利用して、心や身体を健康にするという自然療法の一つです。 アロマテラピーは「芳香」、テラピーは「療法」 を意味します。

一般的に、アロマテラピーとは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使った健康法と定義されています。しかし、精油に限らず、ハーブティーを飲んだり花の香りをかいだり、心と身体に良い結果をもたらすさまざまな植物の香りの利用法すべてを、広い意味でのアロマテラピーということができます。

植物の香りにはそれぞれさまざまな特性があり、心を癒したり、リフレッシュさせたり、人間が本来もっている自己治癒力を高め、心と身体のバランスを正常な状態に戻す働きがあるといわれています。ただし、心と身体が受け付けない、嫌いな香りをかいでも良い効果は期待できません。まずは、心地よいと感じる、好きな香りを見つけることが大切です。

人間が生きていくうえで大切な酸素を、植物が生み出してくれている限り、植物の香りと人間の関係も続いていきます。自然の恵みは私たちの生命線そのものなのです。精油(エッセンシャルオイル)を使う時、これも自然からの贈り物だという事を思い出し、一滴一滴を大切に使っていきましょう。

心と身体を健やかに美しく保ち、香りに満ちた心地よい暮らしを楽しむことを、 Axxenz Japan は応援いたします。
>>Learn more about Aromatherapy
copyright 2018 PXP Laboratories Ltd. all right reserved << home